カラーコンタクトの弊害について

若い女性に人気のあるものと言えば、そのひとつにカラーコンタクトがあります。このカラーコンタクトの問題について理解している人が少ないと言うことですね。これも事実です。カラーコンタクトは、通常のコンタクトにはない問題があります。そして、それが角膜に付着します。これはカラーコンタクトの中でも粗悪品と言えます。(汗)薬事法の改正により、カラーコンタクト製造、販売には資格が必要です。

それにより品質の悪いカラーコンタクトは無くなりつつあると言えます。(笑顔)。しかし、輸入品の場合は、自己責任になります。インターネットで見ると販売業者と同じように見えます。しかし、個人輸入の場合は、それを明記します。いずれにしろ注意してみましょう。当たり前の事ですが、カラーコンタクトを勧める眼科医はいません。それは、目に良いことは一つもないからだと言えます。(汗)。オシャレの為に人体に害があるかもしれないものを付けさつことになるからです。

これでは勧められませんよね。(汗)逆に、勧める眼科医は、ちょっと信用できませんよね。(汗)目の矯正の為にコンタクトをする人は、わかりますよ。それから次にカラーコンタクトの悪い所は、使い方が適当になりがちだと言うことですね。もちろん、通常のコンタクトでも同じことです。テレビでタレントがしているからと言う人が多いですね。それで、自分もしてみようと考える人です。(汗)(汗)。

関連ページ